TOPに戻る

TOC/TOCfE
ボツネタシンポジウム2019
B20京都サミット

楽しんで学べる多くの成功?事例。それが『ボツネタシンポジウム』

申し込み

スピーカーの応募

「教育のためのTOC(TOCfE)」、お聞きになったことがあるでしょうか?たった3つの考えるツールを活用して、相手の立場を考えながら深く議論し、お互いにあらたな気づきを得ながら、責任ある行動ができる大人になっていくための知識体系です。

先日、「TOCfEシンポジウム」も開催され、大人も子どもも、学校でも、家庭でも、ビジネスでも、3つのツールを活用して様々な問題に向き合っている事例の数々が報告されました。

でも実は、そこで報告されたTOCfEの適用事例は氷山の一角なのです。もっと多くの人が苦しみながら、楽しみながら、自分たちの問題にTOCfEの3つのツールで立ち向かっているのです。

そんな失敗も、中途半端も、てんこ盛りの「ボツネタシンポジウム」。でもそこは、TOCfE関西分科会主催のシンポジウム、役に立つのはもちろんですが、何より参加して面白い!これだったら、私も来年発表してみたいって思えるシンポジウムであること請け合いです。

なんと参加費も無料!是非今年のボツネタグランプリにあなたの一票を投じにお越しください。
NPO法人教育のためのTOC http://tocforeducation.org/


日程:2019年6月29日(土) 13:00〜18:00
参加費:無料(懇親会は実費)
定員:60人
場所:京都府京都市下京区油小路通塩小路下ル南不動堂町11 
オムロン京都センタービル啓真館


ページ下部のボタンよりお申込みください

タイムスケジュール

13時頃:開場

13時30分:開演、趣旨説明、トロフィー返還

13時40分〜14時:キーノート:2018年度MVB 桐村 寛様 

14時10分頃からボツネタ発表第1部

15時10分頃・15分休憩

15時30分頃からボツネタ発表第2部

16時30分頃から10分程度MVB投票タイム兼休憩

16時40分頃から20分程度質疑応答

17時:MVB発表・クロージング

スピーカー募集

■募集内容
以下のようなカテゴリでご発表いただける方を募集しています。
? 過去の教育のためのTOC シンポジウムに応募したけど、落選した方
? TOCfEのツールを使ってみたけど、こんなの発表してもいいんだろうか?こんなの恥ずかしいと思っている人
? TOCfEのツールを使ってみた結果、とりあえず何か言いたい人。
? 関西分科会、教育のためのTOCの普及やNPO運営について、こうしたらいいのにっていうご意見など。
? 個人の問題や子育ての問題、会社や社会的活動での取組事例へ 
 取りくもうとしている、途中経過、うまくいっていない方

発表時間:ご発表時間5〜10分程度、質疑応答・入れ替えを含め一人10分で進める予定です。

スライド:基本的にはパワーポイントをお使いください。ただしパソコンを持ってきてくれるなら何でもよいです。
    :なんなら無しでも可。
応募方法:こちらの事例応募要項・応募用紙をお使いください。
応募締切:2019年6月16日(日)到着分まで

発表枠には限りがございますが、可能な限り発表していただく機会を用意する予定です。
ただし応募多数の場合には、TOCfE関西分科会実行委員の勝手な判断で選出させて頂きます。

また当日、どうしても参加できない場合は、プレゼン内容を動画で保存していただき、参加していただくことも可能です。

それでは皆様のご応募を心よりお待ちしています。

会場

京都府京都市下京区油小路通塩小路下ル南不動堂町11 オムロン京都センタービル啓真館